どんなお仕事がありそうか

シニアモデルには、どのようなお仕事があるのでしょうか。

まず、シニアモデルにもっとも多い仕事がシニア向けの商品のCM、テレビショッピングのCM、カタログなどです。

シニア向けの商品って、色々ありますよね。
化粧品、健康食品、健康グッズ、補正下着、日用品、便利グッズなどがありますよね。

シニア向けの商品の宣伝には、今までは、若いモデルさんを起用していたことが多かったものです。
ところが、最近は高齢化社会により高齢者向けの商品が増えたこと、宣伝にリアリティーを求める風潮などから、シニアモデルの需要が増えています。

確かに、シニアモデルの出演しているCNは、若いモデルさんの出演しているCMよりもナチュラルで親しみが湧いてきますよね。

共感できる部分も大いにありますよね。
シニア モデル 仕事
カタログの場合は、写真のみなので台詞はありません。
指示された通りのポーズをしていれば大丈夫です。

テレビショッピングの場合はアナウンスがあるので、特に商品知識は必要ありません。
こちらも、カタログのモデルと同じ要領で、指示があった通りに動けば良いのです。

台詞は商品を使った感想をちょっと言う程度のことが多いです。

それから、CMのモデルには、おじいちゃん、おばあちゃんとして、和やかな家族を演じるものもあります。
住宅や住宅設備などのCMに多いですよね。
この場合は、簡単な演技が必要となります。

また、家族を演じると言うと、商品の宣伝に比べると需要は少ないのですが、ブライダル関連の仕事があります。
ブライダルフェアの模擬結婚式、披露宴などで、新郎新婦の両親役として出演します。

シニア向けの商品には色々なものがあり、1年を通して販売しているものがたくさんありますよね。
このようなものであれば、1年を通して仕事が安定しています。

ただ、ブライダル関連の仕事は、そうそうあるものではありません。
ジューンブライドと言って、結婚式の多い時期もありますし、結婚式の多い時期だからと言って、そこまでシニアモデルが求められることは少ないものです。

仕事内容は、プロダクションによって変わってきます。

特にブライダルのような限られた仕事に興味がある方は、ブライダル関連に強いプロダクションに所属することをお勧めします。
プロダクションを選ぶ際には、プロダクションのホームページで出演実績を調べてみると良いでしょう。

そして、自分の興味のある仕事がたくさんあるプロダクションを狙ってみましょう。

あわせて読みたい