プロダクションの費用の相場

シニア モデル 事務所
シニアモデルとして、プロダクションに所属するためには、所属費用、宣材写真の撮影費用、プロフィール作成費用、事務手数料、レッスン費用など初期費用がかかります。

この費用は、プロダクションによって、かなり変わってきます。

「大手は費用がかかるから」と言って、少し費用の安めのプロダクションを選ぶと、そこが悪質な会社であるケースもあります。

では、プロダクションの費用の相場は、大体どのくらいなのでしょうか。

まず、入所金や登録料などとして、全く費用のかからないところもあれば、30万円以上もの費用がかかるところもあります。
大手の場合は、20~30万円台が多いようですね。

特にモデルだけでなく、役者、歌手、声優、タレントなどの色々なジャンルを扱っているプロダクションほど、経費が高い傾向にあります。

所属ではなく、契約の縛りの少ない登録にすると、登録料が0~10万円と言うところが多いようです。
シニア モデル 事務所 レッスン
また、プロダクションによっては、レッスン費用が必要になるところもあります。

レッスンは、プロダクションに所属する人全員に参加させるところもあれば、プロダクションがその人にレッスンが必要かどうかを判断してくれるところもあります。
本人の希望に任せているところもあります。

このレッスン費用は、月1~3万円くらいが相場です。

プロダクションで受けるレッスンは、高いと感じる方も多いでしょう。
確かに、ダンスや演技のレッスンを考えてみると、地域のダンス教室や劇団などで学ぶ方が割安です。

でも、プロダクションで行うレッスンは、実際に現場で活躍している監督さん、役者さんなどを招いて行っていることもあります。
プロの芸能人を輩出したベテラン講師がレッスンを担当していることもあります。
誰もが「このような講師からレッスンを受けたい」と思いますよね。
だからこそ、このような講師から受けるレッスンは、地域のサークル感覚で受けられるレッスンと比べると、高く付くことが多いのです。

また、プロダクションのレッスンは、実践に役立つことを学んでいくので、シニアモデルとして濃い内容のレッスンを受けることが出来るはずです。

プロダクションに所属しても、レッスンを受けても仕事が出来るとは限りません。
なので、一つ一つの費用に対して、しっかりとした説明を受けて、納得してから契約することをお勧めします。

そして、かかる高額な費用に対しては「自分磨きのための買い物」とか「夢を買う」などと考えれば、そんなに悪い気はしないのではないでしょうか。

あわせて読みたい