プロダクションの選び方

プロダクションの選び方は、シニアモデルになるにあたって、とても重要なところです。
「プロダクションは、どこも同じ」とか「プロダクションに所属すれば、必ず仕事があるものだ」などと思っている方はいませんか。

実は、これは大きな間違いです。

プロダクションには、そのプロダクションの色がありますし、仕事もプロダクションやクライアントの選考をクリアしないと出来ません。

まず、プロダクション選びにもっとも大切なのは信頼できるプロダクションかどうかです。

シニア モデル 事務所
1つの基準として、厚生労働省の認可があったり、モデル団体などに加盟していたりすると、一定の基準をクリアして営業していることになるので、安心ですよね。

そして、有名なモデルさんがいることも大切ですよね。
ただ、有名なモデルさんがそのプロダクションで育った人なのかと言うのも、調べた方が良いでしょう。
中には、他で経験を積んでから移籍しているモデルさんも、たくさんいますので。

特に未経験からシニアモデルを目指す場合には、レッスンを受ける必要が出てくることもありますよね。

もちろん、レッスンも表情の作り方やポージングなどを学ぶのに大切です。

でも、どうせレッスンを受けるなら、タレントの売り込みが上手いだけでなく、タレントを育てるのが上手いプロダクションの方が未経験でも安心できますよね。

それから、プロダクション選びに大切なのは、どんなシニアモデルの仕事が多いかと言うことです。

例えば、あるプロダクションは、CMの仕事が多いかも知れません。
また別の事務所では、ブライダル関連の仕事に強いかもしれません。

CMモデルを希望しているにも関わらず、たまたまオーディションに合格した、ブライダル関連の仕事の多いプロダクションに所属したとしたら、いかがでしょうか。
自分の方向性とは違ってしまいますよね。
まずは、自分を評価してくれたブライダル関連のプロダクションで経験を積んで、そこからCMのチャンスを狙うのも良いかも知れませんが。

皆さんとしては、シニアモデルとして、どのように活躍したいですか。

また、プロダクション選びには、初期費用も大切ですね。

プロダクションに所属する際の初期費用は、プロダクションによって大きく異なります。

全く費用がかからないところもあれば、数十万円と言う費用がかかるところもあります。

納得のできる費用なら良いでしょう。
そうでない場合には、すぐに契約するのではなく、費用の内訳を確認して、じっくり検討した方が良いでしょう。

あわせて読みたい